KADONASHI 旅行記

鉄道旅行と格安グルメを中心に。。。

【大井川鉄道】奥大井湖上駅と令和SLの旅

2019年5月、日本の元号が令和に変わった時期、SLで有名な大井川線沿線に旅行に行きました。大井川鉄道静岡県金谷駅から大井川沿いに内陸方面に伸びる鉄道線です。SL号や日本で唯一のアプト式列車区間などみどころあふれる鉄道線です。

oigawa-railway.co.jp

移動には大井川鉄道の2日間用大井川周遊乗車券を利用しました。

f:id:kadonashi:20190922201342j:plain

JR接続の金谷駅

大井川鉄道金谷駅JR東海道線と接続している路線です。元近鉄の車両や元南海の車両が在籍しています。今回は金谷駅から元近鉄の車両に乗車しました。GWということで車内は満席でしたし、立ち客も多くほとんどの人が終点千頭まで行きました。

f:id:kadonashi:20190922202034j:plain

茶畑

f:id:kadonashi:20190922202144j:plain

大井川にかかるつり橋

電車は大井川に沿って北上します。この辺りはさすが静岡県、茶で有名な場所が多く川根などはブランドになっています。

f:id:kadonashi:20190922202421j:plain

千頭からは井川線に乗換。GWということでめちゃくちゃ長い編成になっていました。こんな感じの山の中をゆっくり登っていきます。

f:id:kadonashi:20190922202615j:plain

大井川鉄道井川線

途中駅では長すぎてホームがない場所に停車します。降りるときはジャンプ!

f:id:kadonashi:20190922202809j:plain

アプトいちしろ駅にて

途中のアプトいちしろ駅で編成の後ろにアプト式のレールを走るために必要な電車を連結します。アプト式鉄道は、日本では現在ここだけに存在する方式でラックレールという歯車を使い急こう配の上り下りするための鉄道方式です。

f:id:kadonashi:20190922203130j:plain

ラックレール

線路の間に見える黒いでこぼこがラックレール。ここに歯車をかみ合わせることで、車両の暴走を防ぎ急こう配でも安全に走れるようにしています。

アプト式区間は次の長島ダム駅までの一駅間です。

f:id:kadonashi:20190922203547j:plain

奥大井湖上駅

奥大井湖上駅で下車。ここは有名な観光地で湖の上に駅がある珍しい駅です。で、取りあえずこの駅から脱出するのに線路沿いを歩きます。

f:id:kadonashi:20190922203730j:plain

取り敢えずこの看板に従って歩きます。接阻峡温泉(せっそきょうおんせん)は隣の駅です。

f:id:kadonashi:20190922203852j:plain

こんな感じに線路のすぐ横を歩いて階段を登り15分くらい歩くと...

f:id:kadonashi:20190922204037j:plain

奥大井湖上駅

こんな感じで駅と湖を同時に眺めることのできるスポットがあります。皆さんここで写真を撮っていました。湖と言っても地図で見ると川のようになっています。写真中央にあるのが駅です。自然の人工物のコントラストが美しい場所です。

f:id:kadonashi:20190922204346j:plain

接阻峡温泉駅近くの茶屋

奥大井湖上駅には売店等はありませんが、隣の接岨峡温泉まで歩けば、茶屋やお店があります。天狗石茶屋は特産品も売っていましたし、食堂もやっていておでんが美味しかったです。


帰りは接岨峡温泉駅から。帰りの列車はなぜかすいていました。(これは、奥大井湖上駅千頭方面の列車が2本連続でくる時間帯だったからだと思います。)

f:id:kadonashi:20190922204903j:plain

接岨峡温泉駅

約1時間かけて千頭駅まで戻ります。

f:id:kadonashi:20190922205253j:plain

大井川鉄道名物のSL

千頭駅からは大井川鉄道の目玉SLに乗車しました。SL急行券は800円です。駅を通過しますが所要時間はあまり変わりません。丁度この2日前に令和に改元されたばかりで、SLも正面に令和ヘッドマークと日本国旗をつけていました。

f:id:kadonashi:20190922214044j:plain

客車内

こちらが車内。全席指定席で車内販売もあります。あまり広くもありませんし、非冷房ですが懐かしいと感じる方もいらっしゃるようです。

 








f:id:kadonashi:20190922214250j:plain
終点の金谷駅に着くと客車からSLが切り離され、回転台に向かいます。

f:id:kadonashi:20190922214438j:plain

何度も進行方向を切り替えて、転車台に向かう線路に入ってきます。作業員も大変そうです。

f:id:kadonashi:20190922214541j:plain

転車台

ぐるぐると180度転回します。転車台が動いているのは初めて見ました。大井川鉄道はこのようにみどころあふれる鉄道ですし、周囲に観光地も結構多いので今度はまた人が少ないシーズンに訪れてみたいと思います。