KADONASHI 旅行記

鉄道旅行と格安グルメを中心に。。。

【関西私鉄8】ダイヤ乱れた阪急電車で行く嵐山

関西旅行最終日は、阪急阪神1デーパスで周遊旅行しました。

f:id:kadonashi:20190318190836j:plain阪急阪神1Dayパスは、大人1200円で券面に描かれた路線、すなわち阪急電車阪神電車神戸高速鉄道全線が1日乗り降り自由になる切符です。ただ、阪急線、阪神線はもともと運賃が低廉なので、周遊旅行のような使い方をしないとお得にならないこともあるかもしれません。

私は、この切符を使い大阪メトロ堺筋線から阪急線内に入りました。しかし、この日は阪急線での車両故障の影響で堺筋線、阪急線共に大幅なダイヤ乱れ。ただでさえ朝は混雑するだろうに、身動きも取れない大混雑でした。しかも運悪く乗車した電車は天神橋筋六丁目止まり。。。

f:id:kadonashi:20190318191428j:plain

大阪メトロ堺筋線

 天神橋筋六丁目駅から阪急千里線に入ります。なお、淡路駅阪急京都線と合流しますが、そこから千里線方面に向かう列車と京都方面に向かう列車があるので注意が必要です。私は、間違えて千里線に行ってしまいました。引き返して


淡路駅で乗り換え、嵐山に向かうため桂駅で下車しました。

f:id:kadonashi:20190319113936j:plain

阪急千里線

f:id:kadonashi:20190319114110j:plain

桂駅にて嵐山線

嵐山線は、桂ー嵐山間のピストン運行です。一部クロスシートになっているので、旅情気分も盛り上がります。車内は外国人観光客が多かったですが、すいていました。嵐山へは京都駅からバスやJR、嵐山本線で向かう人が多いのでしょう。

阪急嵐山駅は、嵐山の中心観光エリアからみて一番南のエリアにあります。ここを起点に嵐山を一周してきました。

f:id:kadonashi:20190319114535j:plain

渡月橋

阪急を下車して、駅から右手に向かうと嵐山公園中之島地区があり、そこから渡月橋がきれいに見えます。嵐山を代表する観光地である渡月橋をまず始めに渡り嵯峨野地区に入ります。渡月橋を渡ると正面にお土産屋さんや飲食店が並ぶ通り、左に嵐山公園亀山地区に向かう道があります。亀山地区は丘になっており、歩いて行けますがそれなりの体力が必要です。

f:id:kadonashi:20190319114935j:plain

渡月橋から亀山地区を望む

f:id:kadonashi:20190319115043j:plain

亀山公園展望台から

亀山公園の頂上にある展望台からは、山間を流れる桂川が見られます。ここは人も少なくお勧めの場所です。京都のいいところは、文化財と自然が、このように共存しあっている点でしょうか。さらに亀山公園を散策すると有名な竹林の道がありますが、いったんトロッコ嵐山駅方面寄り道をします。

f:id:kadonashi:20190319115511j:plain

御髪神社

トロッコ嵐山駅のそばにあるのが御髪神社。日本で唯一の髪をお祀りしている神社です。ここでは、献髪(けんぱつ)といって自分自身の髪を切って奉納することができます。私は、ここで将来禿げないようにとお祈りしてきました。効果があるといいなぁ(切実)

f:id:kadonashi:20190319115934j:plain

竹林の道

そしてこちらが竹林の道。竹林の道を通って最初の渡月橋近くの商店街まで戻ります。みんな、とりあえず1枚は写真を撮るようです。そして竹林の道って意外と長いんですね、全部歩くのに写真とかも撮っていたら20分以上かかりました。

f:id:kadonashi:20190319120410j:plain

阪急嵐山駅

無事、阪急嵐山駅に戻ってこれました。次回は阪急で神戸に向かいます。