KADONASHI 旅行記

鉄道旅行と格安グルメを中心に。。。

【普通電車で行く伊勢2】名古屋から伊勢神宮参り

三重県は、社会科の教科の中では近畿地方と位置付けられますが、文化的には中京圏に近い県です。三重県の有名観光地である伊勢志摩地方にも、名古屋からは、比較的簡単に訪れることができます。

 

というわけで前回の続きです。

kadonashi.hatenablog.jp

名古屋から鉄道を利用して伊勢志摩に訪れるには、JRか近畿日本鉄道(近鉄)かを選ぶことができます。

運賃では近鉄は1450円、JR利用では伊勢鉄道経由となるため2000円です。しかし、JR、近鉄ともお得な切符をいくつか発売しているので、それらを利用しない手はありません。それらを使えば、安く伊勢志摩地方を訪問したり近鉄特急で早く伊勢を訪れたりできます。(沿線を見ていると近鉄がJRに勝っているように感じます。)

近鉄のお得な切符はこちらから。

お得なきっぷ一覧|観光・おでかけ|近畿日本鉄道

 

しかし、私は秋の乗り放題パスで名古屋を訪問していたのでJRで伊勢神宮に向かうことにしました。

f:id:kadonashi:20181121220650j:plain

JRの場合は、快速みえが便利です。快速みえは大体1時間に1本ほどで、1時間40分程度で、伊勢市に到着します。基本は鳥羽行ですが、土休日朝などには伊勢市行もあります。(この列車が伊勢市到着後普通鳥羽行になりましたが。)

なお、指定席もついていますが、編成の4分の3は自由席となります。また、途中駅川原田から津までは伊勢鉄道線を走るので、青春18きっぷなどのJR企画券は使えず、その分の運賃510円を車内で支払う必要があります。

f:id:kadonashi:20181121221548j:plain

普通電車で行こうとするとかなりのタイムロスが発生する。また伊勢鉄道を避けていくこともできるが、これも1時間近く余計に時間がかかる。

f:id:kadonashi:20181121221706j:plain

快速みえ号は転換クロスシート近鉄特急と比べてしまうと劣るが、景色を楽しむこともできる。

f:id:kadonashi:20181121221831j:plain

伊勢市駅改札内でJRと近鉄はつながっているが、JR側出口からでて徒歩5分くらいのところに、伊勢神宮の外宮があります。

 伊勢神宮は、外宮からお参りします。内宮から外宮の順にへお参りすることは、縁起の悪いこととされています。また別宮だけをお参りすることも良くないこととされています。

f:id:kadonashi:20181121225029j:plain

こちらが外宮の入口。伊勢神宮では多くの人が鳥居をくぐる前に一礼をします。

外宮では、豊受大御神というお米をはじめとした衣食住をつかさどる産業の神様を御祭神としています。

f:id:kadonashi:20181121225401j:plain

伊勢神宮の博物館のような場所、せんぐう館は改装工事中でした。ガラス越しにせんぐう館前の池を眺めます。

f:id:kadonashi:20181121225532j:plain

外宮の正宮です。鳥居より先での写真撮影等は禁止されています。

多くの人がお賽銭を投げますが伊勢神宮にはお賽銭箱はありません。そもそも伊勢神宮天皇が国民の平和・健康・繁栄を祈り供物を奉納する場であったので、一般市民が金銭などを奉納するのは禁止されていたためだと考えられます。そのため、個人的なお願いごとも避けるべきとされています。(今はお賽銭くらいはしてもいいと思います。伊勢神宮側もそれに備え、白い布を用意して直接、神宮の社殿に金銭が触れないようにしています。)

正宮の横にはこのような広い土地があります。

f:id:kadonashi:20181121230642j:plain

これは20年に1度の式年遷宮の際に、新しい正宮を建てるための土地です。こちらを見ると、正宮の広さが分かります。20年ごとにこの土地と横の土地とで正宮の位置が変わるわけですね。次の式年遷宮は平成45年(永遠に来ませんが、西暦2033年のこと)で第63回式年遷宮となるわけです。このたびに大御神には新しい社殿へとお移りいただくのです。

 

f:id:kadonashi:20181122191536j:plain

伊勢神宮外宮にはこのほかに4つの別宮があり、その中でも多賀宮は、豊受大御神の荒御魂(あらみたま)という魂をお祀りしているため、参拝するために10分ほど並びました。

 

伊勢神宮の外宮は正宮と別宮をすべて見ると60分弱時間を要します。外宮からは、バスで内宮に向かいます。この日は外宮前から臨時バスが内宮へバンバンでていましたが、伊勢市駅からもバスはあり、どちらも料金は460円と少し高額です。

 

バスで15~20分ほど走った場所にあるのが内宮。皇大神宮です。

f:id:kadonashi:20181122205548j:plain

 

f:id:kadonashi:20181122205722j:plain

はじめに右側通行で五十鈴川を渡ります。内宮は手水所が右側にあるので、右側通行なんだとか。

普通の手水所もありますが、五十鈴川の水で手を清めることもできます。(水は飲まないほうが無難です。)

f:id:kadonashi:20181122205924j:plain

f:id:kadonashi:20181122210518j:plain

内宮の正宮も素晴らしいものでした。が式年遷宮の際に移される土地は奥にあり通行止めにされていたため、見ることはできませんでした。

f:id:kadonashi:20181122210154j:plain

正宮や天照大御神の荒御魂を祀った別宮荒祭宮は混雑していましたが、他の別宮はあまり混雑していないため、神宮からのパワーをゆっくり感じることができます。

別宮にも、式年遷宮の際に移す土地が用意されています。

 

f:id:kadonashi:20181122210434j:plain

馬もいました。他にも見どころはたくさんあります。伊勢神宮に行く際は、あらかじめその歴史を学んでから行くとより楽しめるなと思いました。別宮もたくさんありますので、それぞれの神様が何の神様なのかを調べるのも楽しいものです。

内宮は全てを見学しなければ60分程度でも回れますが、ゆっくり見るなら90分程度は必要だなと思いました。