KADONASHI 旅行記

鉄道旅行と格安グルメを中心に。。。

【シンガポール3】イスラム・キリスト・仏教巡り

前回からの続きです。 

kadonashi.hatenablog.jp

 シンガポールは歴史的にもアジア圏とヨーロッパ圏の貿易の要所となった場所で多様な文化が混ざり合っています。そのため、様々な宗教を信仰している人がいるため、仏教寺院や教会、モスクどれもたくさんあります。しかし、観光客が行くような有名な施設は比較的近いエリアに集まっているので巡りやすいです。

1.サルタンモスク

 サルタンモスクは、MRTイーストウエスト線及びダウンタウン線のBUGIS駅から徒歩10分程度のところにあるモスクです。周辺は観光地よろしく土産店も広がっていますし、イスラム系のお店も多いエリアです。

f:id:kadonashi:20190905202931j:plain

サルタン・モスク

中には、靴を脱いで上がります。また場合によってはローブの着用が必要になりますが、係りの人が貸してくれました。 観光客向けの歴史やイスラム教についての解説も少しあります。しかしながらやはりお祈りの場。中央の広いエリアは信者しか入ることが許されていません。

f:id:kadonashi:20190905203251j:plain

祈りの場

祈りの場はあまりにも広いのでモニターやスピーカーとかもありました。

f:id:kadonashi:20190905203544j:plain

モスク前の観光通り

ここにはおみやげ物屋や飲食店が広がっていました。観光客向けなのか街中と比べて高めの値段設定でしたね。

f:id:kadonashi:20190905203726j:plain

マラバーモスク

近くには別のモスクもあります。青色の壁面が特徴的なマラバーモスクです。これらのモスクは異教徒が入れる時間が決まっていますので、行く前と現地で確認することが必要です。

2.チャイナタウン

 次にMRTに乗ってやってきたのはチャイナタウンです。MRTの駅から出ると目の前は中華街。

f:id:kadonashi:20190905204420j:plain

チャイナタウン

建物は結構ヨーロッパ風でした。チャイナタウンでは、飲茶やフードコートが結構ありました。少し道を歩いたところに佛牙寺龍華院というブッダの歯を祭る寺があります。英名はBuddha Tooth Relic Temple and Museumなのでこのほうが分かりやすいかも?

f:id:kadonashi:20190905205256j:plain

佛牙寺龍華院

大きな通りに面したところにあるので分かりやすいです。この近くにある屋台村ホーカーズで昼食をとりました。ホーカーズは、シンガポールに昔からあった屋台を衛生上の理由から政府が一定の場所にあつめて営業させたのが始まりです。海外の屋台というと衛生面が気になりますが、政府が各屋台の衛生状況を評価した張り紙が屋台の前に貼ってありますのでそれを確認すれば安心です。

f:id:kadonashi:20190905205129j:plain

やっていない屋台もある

f:id:kadonashi:20190905205403j:plain

ラクサ

ここではラクサを食べました。ラクサは辛みの効いた麺料理で、香草やココナッツをいれたニョニャ料理の一つです。シンガポール名物の1つでもあります。

3.セントアンドリュース大聖堂

 シティ中心部にある東南アジア最古の英国国教会です。夜はライトアップしておりきれいだったのですが、写真がありません...

f:id:kadonashi:20190905210232j:plain

Wikipediaより

ハワイにも同名の大聖堂があるそうです。昼間であれば内部の見学もできるようでした。

 

シンガポール編は以上になります。今回はあまり時系列に沿わないで書いてみました。

f:id:kadonashi:20190905210510j:plain