KADONASHI 旅行記

鉄道旅行と格安グルメを中心に。。。

【乗り鉄】相鉄線に乗車、期間限定相鉄線乗り放題パスもあるよ

2019年もよろしくお願いします。

先日、横浜で少し時間が余ったので、相鉄線乗り鉄しました。特にいずみ野線系統は初乗車でした~

 

相鉄線は、神奈川県の横浜駅から、海老名駅までの本線と本線途中の二俣川駅から湘南台駅方面へ分岐するいずみ野線からなる神奈川県内完結の大手私鉄線です。個人的には、距離のわりに列車種別が多く、一昔前と比べ少し分かりにくくなった面があると思います。

路線図はこんな感じ。いずみ野線には加算運賃がかかります。

f:id:kadonashi:20190102170845j:plain

数年前に特急が設定され、二俣川以西にも通過駅が設定されるようになりました。

相鉄線では、鉄道の一日乗車券を冬や春、夏の期間限定で販売している(大人620円くらい)ので、その時期なら沿線観光、乗り鉄もしやすいです。

乗車の始まりは相鉄線横浜駅。4面3線の頭端式ホームで乗り場と降車ホームが完全に分けられています。ただ、乗換はホーム中ほどの1階改札の方が便利。

f:id:kadonashi:20190102171332j:plain

横浜駅1番ホームから。横浜駅では、ホームドアも整備されていました。横浜から各駅停車で西谷駅へ。

2019年12月に西谷からJRへの直通線(相鉄新横浜線)の開業、さらにその後の東急新横浜線への直通を見据えた工事も佳境に入っていました。

f:id:kadonashi:20190102171706j:plain

f:id:kadonashi:20190102171819j:plain

奥が今度開通する、新横浜線です。

さて次はいずみ野線方面に向かうことにしました。相鉄線の特徴は、短い路線ながら色んな外観、色合いの電車が来ることだと思っていて、西谷駅で次の電車を待っている時もいろいろな通過電車が来ました。

f:id:kadonashi:20190102172129j:plain

8000系。相鉄線と言えばこの青とオレンジのラインのイメージでした。と思えば、赤の帯の電車もよく走っていたのですが、7000系以外塗装変更されました。

f:id:kadonashi:20190102172747j:plain

10000系。JR東日本E231系とほぼ同じ。

f:id:kadonashi:20190102173023j:plain

場所を二俣川駅に移して、11000系。JR東日本E233系とほぼ同じ。JR直通を見据え、JRと車両の共通仕様化が進むのかと思いました。そして青とオレンジのイメージカラーも板につき、赤帯車も塗装変更を進めたと思ったら、これ。

f:id:kadonashi:20190102173542j:plain

f:id:kadonashi:20190102173617j:plain

9000系の新塗装車。ヨコハマネイビーブルーだそうです。最新20000系電車もこの色。東急直通系統の車両はこの色になるものだと思われます。車内も黒と白を基調とした落ち着いた内装で、相鉄のイメージが変わりました。しかも、昼と夜で照明の色合いも変わるというこだわり。今回は20000系は見かけませんでした。

 

二俣川からいずみ野線に入ります。いずみ野線にも特急がくるようになり、途中いずみ野駅で待ち合わせ。

f:id:kadonashi:20190102174332j:plain

果たして、どれほど需要があるのかは分かりませんが。車内はかなりすいていていずみ野線に10両はなかなか過剰なのではないかと感じる日でした。しかし、通勤需要は増しているとのことなので、速達列車の設定もいいのではないでしょうか。

f:id:kadonashi:20190102174541j:plain

終点の湘南台駅。相鉄の掲示のカラーバランスは、センスがあると思います。

今年の末には、新線も開通するとのことで楽しみです。